無茶なこと

今日は打ち合わせ。

その昔、なんの小説だか本で読んだか忘れたが、
大人が「忙しい」って言ってるのは、タダの逃げで、
「打ち合わせ」って行事はその逃げてる先のオアシスで、
よくわからんが、「打ち合わせ」で忙しいって言ってる人間はロクなもんじゃない、
とか言ってるを読んだ記憶がある。

でもよ?
忙しいわけよ。
打ち合わせで。
またまたファミレスで3時間コースですよ。

あ、あれかな。
サラリーマンの打ち合わせ、は確かに無駄が多いね。
決まってることを話し合ったり、決まりっこないことを話し合ったり。
無駄ばっかりだね。

まあ、打ち合わせだったわけで。
色々決まりましたよ。良かったね無駄じゃない。

無茶なことを止めるのが、一応オレの役割なわけだが、
無茶なことを如何に実現可能な企画にしていくか、というのもオレの役割だと思っている。
実際、どんな企画も無茶なスタートだった気がするし、
実際、それらをなんとかやっつけてきた気がする。
こういうとき、制作冥利だと思うわけだよね。
無茶なことをギリギリまで粘って考えて、やっぱり無茶なら、
俺ら以外の人間も無茶だ、って結論が出るまで考えればOK。
俺らが思いつかなかった無茶な企画を他がやってると、究極に悔しい。

別に無茶な企画を欲しているわけではないけど、
無茶なことに取り組むことは、非常に大切だと今日も実感した。

打ち合わせ最中にも色々な話が出てきて、ウンザリしたり情けなくなったり。
昨今、こんなストーリーはあまり聞かなくなったためか、
自分の年取り具合をひしひしと感じたりする。

恋愛ってなんだい?(笑)
[PR]
by rocknrollmachine | 2005-06-11 14:48 | 演劇


<< うまい肉 こんな時間まで >>