空中バレエ観劇

土日で3本観劇…
演劇マニアか?っつーの。

ま、そんなわけで、空中バレエ観劇致しました。
麻布デイプラッツ。
「赤羽橋」にあることしか把握せずに行きましたが、なんとか到着。
オレの土地勘に感謝。

開演1分前に入場したけれど、ほぼ9割入りの状態です。
明日までやってます。

以下、ネタバレします。



はっきり申し上げますが、物語はサッパリわかりませんでした…
もちろん、寝てたわけじゃないですよ。

「ソレイユ」というショップが舞台。
一般人が自分で作った良いものを共有の場所に並べてあるショップ。
つまり、なんつーか、委託販売です。
趣味でやってる人やらプロの人やら様々、との事。

ある日、道路開発のため、店を売って欲しいと建設会社のサラリーマンが来る。
思い出のあるお店なので悩むが売ることに。

お店の思い出は、
・弟夫婦が出会った場所。
・以前奥さんとこの店をやっていた。
・その後、奥さんに子供が出来たが、何らかの理由で生まれなかった。
・その後、奥さんは子供が生めない体に。
・でもって、店主と離婚。
といったところ。

で、実は。
実は、もうこれで情報全部!みたいな感じ。

お店を売るのを止めるストーリーかな?と思いきや売ります。
奥さんと仲直りするストーリーかな?と思いきや、ほぼ幽霊扱いです。
お店を辞める事で何か気づくのか?と言えば、気づいたような気づかなかったような。

「何も考えないのが気持ちいい」みたいな事を最後に言ってましたが、
まさか、それがテーマではないでしょう?
さっぱり良くわからない。困ります。

舞台上には、実際にアーティスト達が作成した小物が並んでます。
ガラス細工やアプリコットや、キルトやビーズ小物など。
ただ、これらが特段に扱われるわけでもありません。
本当に舞台の小物として利用されているに過ぎない。
何か、作品を取り上げてストーリーを作成したわけではなく、
品のいいインテリア、といった感じか。


いやー。
久しぶりに意味が無いものを見ました。
数人から、この劇団の前評判を聞いていた(おおむね良好なやつ)ので、
残念でありました。
意味が無いものは、無いと自覚したものであれば問題ないわけですが、
恐らく何かを伝えよう、提示しようとしている事がありありとわかる舞台で、
結果意味が無い、というものは、困ります。

何がしたかったのか…
[PR]
by rocknrollmachine | 2005-06-20 01:14 | 演劇


<< おおお! あひるなんちゃら観劇 >>